閉じる
  1. マンション管理人代行で住民が副業でゴミ出しや清掃を行う時代に(ラウンド…
  2. 究極の受験勉強方法
  3. 専有部分とは?
閉じる
閉じる
  1. マンション管理士試験(平成19年度・2007年) 解答
  2. マンション管理士試験(平成19年度・2007年) 問題
  3. 管理業務主任者試験(平成19年度・2007年) 解答
  4. 管理業務主任者試験(平成19年度・2007年) 問題
  5. マンション管理士試験(平成20年度・2008年) 解答
  6. マンション管理士試験(平成20年度・2008年) 問題
  7. 管理業務主任者試験(平成20年度・2008年) 解答
  8. 管理業務主任者試験(平成20年度・2008年) 問題
  9. マンション管理士試験(平成21年度・2009年) 解答
  10. マンション管理士試験(平成21年度・2009年) 問題
閉じる

マンション管理士・管理業務主任者資格取得Navi

試験対策・攻略方法(暗記法・解き方)

さぁ勉強してみよう!

1.手元に参考書と問題集を用意する。
2.過去問題を解く。

問題を解くという感覚ではないです。

いきなり過去問題を解くので正解できなくて当然です。問題を読んで、解説を読む。暗記するというよりは、理解することに努める。はじめは理解できないところがあっても、気にせずに進んでいきましょう。単に四択に○×をつけるのではなくて、一文一文をしっかりと理解することを意識しましょう 。 おススメは直近の過去問題の一つ前から順に遡っていく方法です。直近の過去問題は、試験直前の実力を測るために、模試のような位置づけで取っておいても良いと思います。 この場合も、直近の試験はざっと見て大きく過去から傾向に変更がないかどうかの確認だけはしておくことをおススメします。

もし、時間的な余裕がある場合は、過去問に入る前にテキストを通読しておくと、より効果的な学習が出来ます。(暗記するというよりは、内容を理解し、敵=試験の全体像を知り、イメージするために。)

3.解説だけでは理解できない点を参考書で補う。
4.ひたすらこの作業を繰り返す。

時間的なゆとりがある人も、この勉強方法を採用しない理由はありません。時間があるだけ、当然有利です。勉強していくにつれて、理解できた範囲が広がって、●(試験対策・攻略方法(問題集・参考書))がどんどん大きくなっていくように感じたらしめたものです。 最終的には全ての過去問題を暗記・理解して試験に望むくらいの準備があれば自信にも繋がりますので、是非がんばってみて下さい。

暗記法テクニック・記憶方法

記憶には短期記憶と長期記憶があります。記憶は、短期記憶から長期記憶に移行していくと言われていますので、資格等の試験に合格するためには如何に学習したことを長期記憶に蓄積していくかがポイントになります。
はじめて見聞きするような難しい専門用語等は、暗記しようと意識した時には、ある程度の期間であれば覚えていられますが、意識しないとその内忘れてしまうのが常です。
なるべく忘れないようにするための暗記テクニックとして、次のことを心がけることで、より効果があがると考えられます。

・図やイラストのように形で記憶する。
・ただ単に暗記しない。理屈・構造の理解を深めながら、噛み締めるように学習する。

・忘れかけた頃に、ふと思い出すのが良い。

中学校時代の先生が、

『寝る前に勉強して、すぐ寝ろ!勉強してから寝るまでの間にテレビを見たりするとよくないぞ。』

なんてことを言っていたのを思い出します。これは、睡眠により、いったん「忘れるという行為」をして、更にその翌日に学校で復習をすることによって、前日の寝る前に暗記したこと(既に忘れかけていること)を効果的に記憶の領域にすりこむ方法だったのかもしれません。

これまでにも記載していますが、繰り返し、繰り返し「過去問題」を解いていく勉強方法は、一通りやり終えた過去問をもう一度解きますので、忘れかけた記憶を思い出すのにも効果的だと思います。

受験勉強のポイント~法令等の改正・社会的な話題は見逃さないこと!~

法令や標準管理規約の改正などが行われたり、社会的な出来事に関連する分野は要チェックです。
例えば、平成22年5月に施行されたマンション管理適正化法(施行規則)改正後に実施された平成22年度『管理業務主任者』試験(平成22年12月実施)では【問13】で次のような問題が出題されています。


【問13】修繕積立金等が金銭である場合における財産の分別管理の方法に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法に違反するものはどれか。なお、保管口座及び収納・保管口座は管理組合を名義人とする。(攻略)


学習時間が優先順位をつけて勉強しなければならない場合等は、区分所有法等の重要な分野に加えて、時事問題のような感じで、日常的にアンテナを張って、出題されそうな分野に力を入れて学習するのも一つの方法です。

マンション管理業協会トップページ

独学の場合では、マンション管理業協会のトップページのインフォメーションを定期的にチェックして情報収集するのも一つの方法だと思います(資格学校に通う場合は、当然、講義の中で案内があると思いますが・・・^ ^) 。

「インフォメーション」をチェック!

例えば、平成23年の場合、注目されるトピックをあげるとすると・・・

1.平成23年3月に発生した東日本大震災
2.平成23年7月に実施された地上波デジタル放送
3.平成23年7月に発表された標準管理規約の改正
4.etc…

それぞれ、

1.被災区分所有法、2.テレビ設備に関わる問題やコミュニティ形成・総会決議要件、3.標準管理規約改正内容の出題が要チェックです。

もっとも、3.標準管理規約改正については、平成23年7月に改正が発表されていることから、平成23年度の両試験の出題範囲には該当しないものと解釈されますが、平成23年度以降の試験では注意が必要だと思われます。
※マンション管理士、管理業務主任者試験ともに、出題に係る法令等については、『平成23年4月1日において施行されている法令等とする。』とされています。

試験当日の問題の解き方

試験時間は、両資格とも120分間と限られています。(一部免除者を除く)

<ポイント>
問題は、比較的易しくて分かりやすいところから解いていく。考えたり、悩んだりして時間がかかる問題はあとまわしにする。

<問題を解く順番>
私は、試験本番では両試験ともマンション管理適正化法(問46~50)の問題から解くと決めていました。この分野は、比較的理解し易く、過去問題や問題演習でも正答率が高かかったため、自信が持てていたからです。逆に、区分所有法や民法は、試験問題でもはじめの方にあり、考える時間がかかっていましたので後回しにしました。 はじめに難しくて苦手な問題から解くと精神的にも動揺し兼ねません。マンション管理適正化法に限らず、自信がある分野であれば、そこから解いていくことをおススメします。

私が実際に行っていた順番をご紹介しますので、参考にしてみて下さい。
1.マンション管理適正化法
2.会計分野
3.建築・設備系の分野
4.その他の分野
5.区分所有法・民法・標準管理規約

関連記事

  1. 過去問題・試験の分析

  2. おススメの資格学校・通信教育

  3. 建築基準法の解説

  4. 民法の解説

  5. 被災区分所有法・マンション建替え円滑化法の解説

  6. マンション会計の解説

おすすめ記事

  1. マンション管理人代行で住民が副業でゴミ出しや清掃を行う時代に(ラウンド不動産)たけしのニュース7days
  2. 専有部分とは?
  3. 究極の受験勉強方法

Advertisement

ページ上部へ戻る