閉じる
  1. マンション管理人代行で住民が副業でゴミ出しや清掃を行う時代に(ラウンド…
  2. 究極の受験勉強方法
  3. 専有部分とは?
閉じる
閉じる
  1. マンション管理士試験(平成19年度・2007年) 解答
  2. マンション管理士試験(平成19年度・2007年) 問題
  3. 管理業務主任者試験(平成19年度・2007年) 解答
  4. 管理業務主任者試験(平成19年度・2007年) 問題
  5. マンション管理士試験(平成20年度・2008年) 解答
  6. マンション管理士試験(平成20年度・2008年) 問題
  7. 管理業務主任者試験(平成20年度・2008年) 解答
  8. 管理業務主任者試験(平成20年度・2008年) 問題
  9. マンション管理士試験(平成21年度・2009年) 解答
  10. マンション管理士試験(平成21年度・2009年) 問題
閉じる

マンション管理士・管理業務主任者資格取得Navi

カテゴリー:資格・受験勉強方法のQA

A:資格専門学校を利用する場合、通学や通信を選択することができたり、受講コースも能力(初心者~上級者向け)や用途に分けて好みのプランを選択することができます。値段は、各社によって様々ですが、相場的には数万円から高くても十数万円といったとこ…

A:マンション管理士試験では「都市計画法」からの出題があります。都市計画法は、昭和40年代後半に施行され、97の条文で構成されている法律で、宅建試験の出題範囲でもあります。宅建試験で、この都市計画法は『法令上の制限』という範囲に属します。…

A:遡り勉強法(さかのぼり勉強法)とは、択一式問題を採用している試験に対する勉強方法です。勉強の取り掛かりにテキスト・参考書を読んで暗記して問題を解くという方法ではなく(インプット⇒アウトプット)、はじめに過去に出題された問題(過去問)を…

A:マンション管理士の基礎勉強にも使えて、1冊は手元にもっておきたい、おススメの基本書をご紹介します。一部出題範囲は異なりますが、もちろん、管理業務主任者試験にも活用できますので、参考にしてみて下さい。【おススメの基本書】…

A:当たり前のことですが、記述式の試験とは違って、4択式の試験では、必ずその4択の中に正解が1つ含まれていることになります。どんな試験にも、これが絶対という裏技はありませんが、この試験の特質を利用して、どうしても分からない問題があった場合…

A:『参考書や教科書で一度学習してから、問題集を解く』という勉強方法が、子供の頃から学校で習うやり方です。資格の専門学校でもそうですが、インプット(理解・暗記)してからアウトプット(解答)するためにそのような学習方法がとられます。…

A:形ある物は、作られたその時から劣化が進行し、メンテナンスをしないで放置すると、やがて朽ちます。建物も同じで、修理をしながら、時には、その物自体を交換することで長く快適に利用することが出来るようになります。そのためには、どの時期に、どん…

A:初めて受験を考えている方は、まずは、管理業務主任者とマンション管理士の資格の違いを確認しましょう。いずれも国家資格ですが、両者は似て非なる資格ですので、資格を取得する目的に合わせて選択することが重要です。出題範囲も重複しているところが…

A:マンション管理士として船出するためには国家試験にして、指定登録機関に登録を行ってはじめて『マンション管理士』という名称を使って仕事をすることが可能になります。一旦、マンション管理士として登録をしても、次の要件に該当した場合には、国土交…

A:管理業務主任者資格を保有していることで、資格手当てがもらえるマンション管理会社はあります。以下の表は、各社のホームページの採用情報の募集要項(待遇)に『資格手当』の掲載がある会社です。なお、資格手当ての対象が管理業務主任者資格かどうか…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る